2020年5月、ツルカメは10周年を迎えました


平素より格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。2010年5月に設立しました弊社ツルカメは、今月10周年を迎えることができました。本来であれば5月頭にでもご報告すべきところ、なかなかブログにするエンジンがかからず営業日的にいって5月末日となってしまったことをお詫び申し上げます。

去る5月1日、不要不急の外出自粛のゴールデンウィーク真っ只中でありましたが、ツルカメ10周年パーティを開催いたしました。本来であれば帝国ホテルだか京王プラザホテルだかを貸し切って1000人くらいご招待する勢いであるべきところ、こんなご時世なのでという理由でオンライン飲み会という形式とさせて頂きました。次の、ツルカメ100周年パーティでは、必ずやホテルオークラだか品川プリンスだかを貸し切って大々的に開催しようと思っておりますので、皆様ぜひとも90年後まで楽しみにお待ちください。

Spatial.chatのキャプチャ1
当日の様子。当日のキャプチャ、僕も撮ってたはずなんだけど、データどこにあるのかわからなくなってしまったので、お越し頂いた皆さんに撮ってもらったものを拝借いたします。(キャプチャ by 坂本貴史さん)

さて、ツルカメ10周年パーティ当日は、話題の(?) Spatial.chatにパーティ会場を用意し、通算20名くらいのゲスト様たちにお越しいただき、和やかに楽しい時間を過ごすことができました。皆様あってのツルカメ、たくさんの方に支えられて・恵まれての10周年であります。感謝の言葉しかありません。本当にありがとうございます。そしてこれからもよろしくお願いしますなのです。

Spatial.chatのキャプチャ2
当日の様子。声をちゃんと聞くためにアイコンが超密状態になっている。重なり合って下になっちゃってる人が誰なのか全然わからない。(キャプチャ by 96/KuRoさん)

ちなみに最初はRemoでやろうと思っていたのですが、事前にテストしていたところフリートライアル期間が5日しかなくて、開催前日でフリートライアルが終わるという惨事(謎)に見舞われ、急遽Spatial.chatでの開催となりました。Remoはなかなかお高いので、10周年パーティで実運用したうえで契約するかどうか決めようと思っていた次第ですが、ちょっとタイミングをミスりました。しかしながらSpatial.chat、まだ粗削りでこれから機能拡張されるのか何なのかよくわかりませんが、距離の概念をもっているという特徴がありつつも、その距離の判定がなかなかシビアで、アイコンがちょっと離れるともう聞こえないみたいなことになるがゆえに、ご時世的にはNo 3密であるにも関わらずSpatial.chat上ではアイコンがひしめきあっていて超密かつ濃密とならざるを得ないというのが、なんとも微笑ましい事態でありました。

Spatial.chatのキャプチャ3
当日の様子。時間帯によって集まる場所を変えて楽しもうとする工夫が伺えるが、結局1か所に集まるしかなかった。トイレ離席が明示されるのはなかなか良かった。(キャプチャ by おかだよういちさん)

10周年という節目から今までを振り返った、今の気持ちも少し書いておきましょう。森田個人の観点としては、一か所の勤続期間が10年を超えたということになります。前職のビジネス・アーキテクツがおよそ9年半でしたので、それをも上回り、人生の中で最も長く働いている会社となりました。また、弊社は専務のトザキと社長の僕ふたりの会社ですが、トザキともまるまる10年間一緒にいることになります。現在、弊社の事務所は世田谷区太子堂(三軒茶屋)にありますが、この場所には設立から2年後ほどからおりますので、かれこれ8年います。フロア内の座席や家具等の配置は最初に決めたまま変わってませんから、トザキと8年間、ずっと隣同士の席で働いています。我々、真の意味でのインターネット老人会ですから、現代では考えられないような働き方をする人たちで、ようするに24時間型なんですよね、勤務時間が。まあそれでも昨今は寄る年波もありますし、家庭の事情というものもあったりして、不夜城的なことはほとんどなくなりましたけど、それでも8年間、これでもかってくらい、一緒の空間でふたりっきりで働いています。しかし別に不仲になるでもなく、飽きることもなく、むしろ設立当時から変わらずお互いにリスペクトし合い、お互いに勉強させてもらいながら、真摯に仕事と向き合いながら、日々を生きております。

弊社の10期目は、なんとありがたいことに過去最高益でした。その分、昨今まれに見る忙しさでありましたが、ポジティブな思いしかなく、ものすごい充実した10期目でした。5月から11期目ですが、こんなご時世なこともあり、今期は前期の半分くらいの売上にしかならなさそうな気もしていますが、前期が前期だったこともあり、おかげさまで何とか生きていけるんじゃないかと思っております。裏を返せば、これは「暇ですよ」という主張でもありますので、何かお声がけ頂ければとも思う次第なのでもあります。

なお、声かけてみようかなと思いつつも、そもそもこのツルカメってのは何をしている会社なんだと思う方に向けて説明しておきますと、というか自分自身でも整理するためでもありますが、「建築業界でいうところの設計事務所」です。家を建てようと思う時の最初の企画から考えて、絵図を描いて設計して、施工を指揮して管理して、建て終わった後も保守なり運用なりあるいは新しい提案なりでずっと一緒に歩んでいくようなアレです(どれ)。扱うメディアはWebサイト、Webアプリ、スマホアプリなどで、コーポレート、EC、プロモーションとか色々やっていますし、ユーザビリティやアクセシビリティ系のこととか、新規サービスの立ち上げ、既存のBtoB業務システムのUX改善なんかも結構やっています。あとはプロジェクトの交通整理とか火消しとかのご依頼もわりとありますね。そんな感じで何やらかんやら手広くやらせて頂いております。改めて、お見知りおき頂ければ幸いです。

という感じで、10周年という節目を迎えましたよというご挨拶と代えさせて頂きます。今後ともご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。皆様とたくさん一緒に仕事をしたいので、今後とも気軽にお声がけくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です